値千金ブログ値千金ブログ

title_border

月別アーカイブ:2016年09月

【週刊!家ごはん③】 さんま鍋

2016年09月29日

先週は、鶏肉を使ったすき焼き鍋、尾張の「かしわのひきずり」をご紹介しました。

今週はお魚を入れたお鍋。

福島県の「さんま鍋」です。
旬のさんまを入れて、さんま汁にします。
獲れたてだからつみれにせず、新鮮さをそのまま、ふわふわトロトロ。
これをいただくと、さんまをもう焼かなくなってしまうかも??

「さんま鍋」


・材料(4人分)
さんま(2尾)/お好きな野菜適量(今回はニンジン、水菜、白ネギ、えのき)
絹ごし豆腐(1/2丁)/しらたき(1袋)/つみれ(約10個)
(A)水(1000cc)/生姜チューブ(小さじ1)/醤油うすくち・こいくち(各大さじ1ずつ)
  みりん(大さじ1)/酒(大さじ1)/塩(小さじ1/2)


①Aを全部鍋に入れて強火でひと煮立ちさせる




②さんまは内臓をとり、2cmくらいにカットする
(内臓を取ったものを買ってくると簡単!)
野菜なども食べやすいサイズに切る




③①がひと煮立ちしたら、火の通りにくい食材から順にお鍋へ入れる




④さんま、豆腐を入れ、蓋をして弱火でコトコト10分。
水菜もいれて、さんまに火が通ったら完成!!

では、いただきます。

No Comments カテゴリー :

【週刊!家ごはん②】かしわのひきずり

2016年09月20日

先週の第1弾、滋賀県の泥亀汁(どんがめじる)は
いかがでしたでしょうか?

気温も徐々に下がり、冬へゆっくり近づいている感のある今日、
「今夜はお鍋でも」とお思いの方は多いのではないでしょうか?

今週は尾張の郷土料理である、鶏肉を使ったすき焼き「かしわのひきずり」を
ご紹介いたします。

ご当地で使われるのは、あの日本三大地鶏である「名古屋コーチン」。

誰もが「あとを引く美味しさ」と感じたところから「ひきずり」という
名前になったとか。

「かしわのひきずり」

null
・材料(4人分)
名古屋コーチンのむね肉・もも肉(400g)/長ネギ(4本)/焼き豆腐(1丁)/生麩(1/2丁)
糸こんにゃく(200g)/しいたけ(4個)/白菜(200g)/春菊(1束)/ニンジン(少々)/卵(4個)

・味付け(関西風)
砂糖(適量) 醤油(適量) 酒(適量) /湯(適量)

null
①長ネギは斜め切りにし、生麩は8枚にそぎ切りをする。生シイタケに切れ込みを入れ
白菜はざく切りに。春菊は葉をちぎっておき、ニンジンは花切りにします。



null
②焼き豆腐は八つ切りにし、コーチンは薄くそぎ切りにし
糸こんにゃくと生麩は、さっと茹でておきます.



null
③すき焼き鍋を火にかけ、弱火で十分に温めてからコーチンの脂肪を入れ、
コーチンと長ネギを炒めます。



null
④③に砂糖を入れ、更に醤油、酒を入れて味付け。湯を回りから少し入れて手早く焼き、
その他の具材も入れ、火が通ったら完成。とき卵とご一緒にどうぞ。

では、いただきます。

No Comments カテゴリー :

【長期連載企画】千金堂オリジナル!家づくりのワンポイントアドバイス!!

2016年09月13日

千金堂にしかできない

千金堂だからこそできる

そんな家づくりのノウハウをお伝えします。



見積もりに並ぶ謎の項目に要注意!!
・坪単価に注意?
・値引きという現実?
・見積もり作業のムダ?

建築費が膨れ上がる原因を徹底解剖!!
・住宅会社の選定
・標準化と合理化
・予算とプラン作成のコツ
・技術と意識の高い職人

上質住宅を1000万円で建てる知恵とその事例を紹介!!
・安くて良い土地探し
・国産材の活用
・2階にトイレは必要?
・千金堂ならではの事例紹介

長期大型連載です。ご期待下さい!!

【週刊!家ごはん】今日からはじめます

2016年09月9日

今まで、千金堂の折り込みチラシやポスティングでご覧いただいていた【週刊!家ごはん】
全国各地の郷土料理を千金堂スタッフのTAKUがレポートしたレシピを
今日からウェブサイトでお届けします。

記念すべき第一回は滋賀県の郷土料理「泥亀汁(どんがめじる)」を作ります。

「泥亀汁(どんがめじる)」



まだ夏バテを引きずっている!という方にぜひお奨め。

材料(4人分)
ナス(中2本)/すりごま(大さじ3)/だし汁(500cc)/ごま油(大さじ1)/味噌(お好み量)

ちょうど美味しさを増す「なすび」を使った滋賀・近江八幡の郷土料理「泥亀汁」です。泥で亀で、さらに汁?なんだかとてつもないゲテ物が出てきそうですが、材料はたっぷりのゴマと味噌、そしてナスだけという、いたってシンプル。もともと日本三大商人のひとつで有名な近江商人が、夏バテ予防に江戸時代から食べていたものとか。



栄養バランスも抜群で、汁なので食べやすいですよ。
「健康にいいゴマと、ミネラルバランスのいいナスの組み合わせは理想的」と栄養士さんからも折り紙つき。



ひょっこり顔を出している「ナス」が「亀」に見えるでしょうか。
癖がありませんので、小さなお子様からお年寄りまで大好評の味です。