千金堂のコト6つの常識

title_border

常識1 1000万円という価格

icon

千金堂は、家の本体価格を1000万円と定めています。耐震性と耐久性を確保し、良質な素材と腕の確かな職人で家を建てるために、千金堂が吟味した必要十分な価格が1000万円でした。ですから、千金堂では価格競争はしません。
価格競争は住宅の質だけでなく、家づくりに携わる人間の質まで下げてしまうため、私たちには値引きという概念はありません。家本体に1000万円という価格基準を設けて、お客様の安全で安心な家づくりに専念します。

※1000万円均一シリーズ:工事施工面積28~35坪、建物本体基本工事価格1000万円(税込1,080万円)

常識2 安全と安心の確保

icon

千金堂の家づくりでは、 “耐震等級「3」相当”と“直下率70%以上”という2つの設計基準と耐力壁と柱の位置を予め検証した独自の建物外形規格『ソリッドモジュール』を全加盟店で採用し、長期耐震性の確保に努めています。素材においても独自の基準を満たす資材のみを使用し、建物の耐久性を高めています。例えば杉柱の場合、含水率上限15%、ヤング係数E-­‐70以上という品質基準を設けて全数検査を実施しています。

※耐震等級「3」とは、建築基準法の1.5倍の耐震性能とされています。

※耐震等級「3」相当とは、耐震等級「3」が取得できる基本設計であることを株式会社千金堂が確認認証するものであり、日本住宅性能評価機構による性能評価適合を保証するものではありません。同機構の評価を受ける場合は別途申請料が必要になり、事前に申し込みが必要です。

※千金品質適合認定の物件は全棟、耐震等級3相当を満たしています。

常識3 家族に合わせて自由度と安心を設計

icon

千金堂には、独自の設計規格である約600種類の『ソリッドモジュール』を活用して家族構成やライフスタイルに合わせた間取りをプランニングしていく方法と、自由設計の『千金フリー』の2種類の設計方法があります。コストメリットの大きい『ソリッドモジュール』を選ぶか、より自由度の高い『千金フリー』を選ぶか。いずれにおいても、認定設計スタッフの設計により、耐震性や耐久性の確保はもちろん、家族構成やライフスタイルなどに合わせた様々なご要望にも的確にお応えしていきます。自由度と安心がひとつになり、既製品ではない様々な家づくりのバリエーションが生まれます。

常識4 標準もオプションもコーディネート

icon

千金堂では、1000万円の価格の中に含まれる標準仕様・設備を、家族が自由に選べる千金webシステムを構築しています。また、標準以外のアップグレードアイテムや家具・家電などのオプションアイテムも購入できます。豊富に揃ったアイテムの中から、ご家族の趣味や個性、ライフスタイルをお部屋のイメージに反映させて、家づくりを楽しくカスタマイズして頂けます。

常識5 良い家づくりはヒトづくりから

icon

千金堂では、家づくりに携わるヒトの育成にも努めています。職人たちは施工技術向上のために定期的な研修に参加し、現場のマナーをはじめ、全国の知恵や技術を共有しています。また、「千金堂大学」の設立や、素材加工の過程を山に見学に行くなど、店舗スタッフも家づくりにおける知識を深めています。店舗評価制度の公開や千金堂認定スタッフ資格制度もスタッフ育成の取り組みの一環です。ご家族の安全を守る「防犯設計・提案」もスタッフ育成の一例です。本当に安全で安心な家づくりのために、千金堂は常に学ぶ姿勢を持ち続けています。

常識6 ご家族が主役の家づくり

icon

千金堂は、家づくりを通して「ご家族がどのように暮らしていきたいか」を話し合うきっかけを提供できればと考えています。家は工業製品ではありません。住宅会社の押しつけであってはなりません。千金堂では、ひとつひとつ異なるご家族の個性を生かせるよう、まずはご家族が話し合っていただくためのテーマをご用意し、丁寧に打ち合わせを重ねてまいります。まさに、オーダーメイドの家づくりです。ご家族が考える理想の暮らしのイメージをカタチにするのが、プロとしての住宅会社の仕事であると考えています。