値千金ブログ値千金ブログ

title_border

【週刊!家ごはん】今日からはじめます

2016年09月9日

今まで、千金堂の折り込みチラシやポスティングでご覧いただいていた【週刊!家ごはん】
全国各地の郷土料理を千金堂スタッフのTAKUがレポートしたレシピを
今日からウェブサイトでお届けします。

記念すべき第一回は滋賀県の郷土料理「泥亀汁(どんがめじる)」を作ります。

「泥亀汁(どんがめじる)」



まだ夏バテを引きずっている!という方にぜひお奨め。

材料(4人分)
ナス(中2本)/すりごま(大さじ3)/だし汁(500cc)/ごま油(大さじ1)/味噌(お好み量)

ちょうど美味しさを増す「なすび」を使った滋賀・近江八幡の郷土料理「泥亀汁」です。泥で亀で、さらに汁?なんだかとてつもないゲテ物が出てきそうですが、材料はたっぷりのゴマと味噌、そしてナスだけという、いたってシンプル。もともと日本三大商人のひとつで有名な近江商人が、夏バテ予防に江戸時代から食べていたものとか。



栄養バランスも抜群で、汁なので食べやすいですよ。
「健康にいいゴマと、ミネラルバランスのいいナスの組み合わせは理想的」と栄養士さんからも折り紙つき。



ひょっこり顔を出している「ナス」が「亀」に見えるでしょうか。
癖がありませんので、小さなお子様からお年寄りまで大好評の味です。