値千金ブログ値千金ブログ

title_border

【週刊!家ごはん②】かしわのひきずり

2016年09月20日

先週の第1弾、滋賀県の泥亀汁(どんがめじる)は
いかがでしたでしょうか?

気温も徐々に下がり、冬へゆっくり近づいている感のある今日、
「今夜はお鍋でも」とお思いの方は多いのではないでしょうか?

今週は尾張の郷土料理である、鶏肉を使ったすき焼き「かしわのひきずり」を
ご紹介いたします。

ご当地で使われるのは、あの日本三大地鶏である「名古屋コーチン」。

誰もが「あとを引く美味しさ」と感じたところから「ひきずり」という
名前になったとか。

「かしわのひきずり」

null
・材料(4人分)
名古屋コーチンのむね肉・もも肉(400g)/長ネギ(4本)/焼き豆腐(1丁)/生麩(1/2丁)
糸こんにゃく(200g)/しいたけ(4個)/白菜(200g)/春菊(1束)/ニンジン(少々)/卵(4個)

・味付け(関西風)
砂糖(適量) 醤油(適量) 酒(適量) /湯(適量)

null
①長ネギは斜め切りにし、生麩は8枚にそぎ切りをする。生シイタケに切れ込みを入れ
白菜はざく切りに。春菊は葉をちぎっておき、ニンジンは花切りにします。



null
②焼き豆腐は八つ切りにし、コーチンは薄くそぎ切りにし
糸こんにゃくと生麩は、さっと茹でておきます.



null
③すき焼き鍋を火にかけ、弱火で十分に温めてからコーチンの脂肪を入れ、
コーチンと長ネギを炒めます。



null
④③に砂糖を入れ、更に醤油、酒を入れて味付け。湯を回りから少し入れて手早く焼き、
その他の具材も入れ、火が通ったら完成。とき卵とご一緒にどうぞ。

では、いただきます。

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。