値千金ブログ値千金ブログ

title_border

【週刊!家ごはん⑩】 はらこめし

2016年11月24日

農水省選定の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれた、仙台の郷土料理。
由来は、仙台藩主伊達政宗に亘理藩の漁民が漁師料理として食していた「腹子飯」を
献上したところ、正宗はことのほか喜び、側近へ吹聴したのが世に珍重される始まりと伝えられています。

「はらこめし」

harako_kansei01

材料(4人分)
生鮭切り身(3切れ)/米(3合)/いくらの醤油漬け(大さじ4)
【A】
しょうゆ(大さじ1)/みりん(大さじ1)/水(大さじ3)
【B】
しょうゆ(大さじ2)/みりん(大さじ2)

harako_001
harako_002
①米はといでザルに上げ、鮭は7mm厚さのそぎ切り、さやえんどうは塩少々(分量外)を
加えた熱湯で茹でて1~2cm幅に切る

harako_003
②【A】を鍋に合わせて火にかけ、鮭を加えて2~3分煮る。

harako_004
③炊飯器に米、煮汁大さじ1と【B】を入れ、3合の目盛まで水を加え、煮た鮭をのせて炊く。

harako_kansei02
④鮭をいったん取り出し、ご飯を混ぜて器に盛り、刻みのり、鮭、いくら、さやえんどうをのせたら完成。

では、いただきます。

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。