値千金ブログ値千金ブログ

title_border

【週刊!家ごはん⑬】 おいとこ煮

2016年12月15日

高知の「おいとこ煮」は釈迦が入寂した旧暦12月28日にちなんで作られた精進料理です。
一人でも多くの人に食べてもらうと、よい供養となるところから、大鍋いっぱいに作り、重箱に詰めて親戚知人に配ったと言われています。
寒い日に北風を受けて、冷え切った体を温める料理としても伝えられてきたのでしょうね。

「おいとこ煮」

螳梧・

材料(1人分)
あずき(5g)/厚揚げ(20g)/さといも(20g)/こんにゃく(15g)/大根(15g)
ニンジン(10g)/ごぼう(10g)/干しシイタケ(1g)

【調味料】
昆布のだし汁(50g)/砂糖(1.5g)/塩(0.2g)/しょうゆ(4g)/みりん(1.5g)

縺ォ繧薙@繧吶s繧ォ繝・ヨ縺ゅ▽縺ゅ¢繧吶き繝・ヨ
縺励>縺溘¢繧ォ繝・ヨ
螟ァ譬ケ繧ォ繝・ヨ
①(具材の下準備)
ごぼう、ニンジン、さといも、大根、厚揚げは1cmほどの大きさに切る。
干しシイタケは、水で戻してから同様に1cmほどの大きさに切る。

縺薙s縺オ繧咏・
②(だし汁を作る)
昆布でダシをとり、沸騰したら昆布を取り出し、和風だしを入れる。

縺ゅ☆繧吶″縺ェ縺礼・
③(具材を煮る)
だし汁に調味料を入れて味を調える。これに①の材料を入れコトコト煮る。

蜈ィ驛ィ辣ョ
④(完成)
③に味がしみたら、あずきを入れて少し煮て完成。

では、いただきます。

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。