値千金ブログ値千金ブログ

title_border

【週刊!家ごはん⑮新潟県編】 のっぺい汁

2016年12月28日

今日は新潟県の郷土料理「のっぺい汁」です。
里芋を中心した野菜煮込み料理で、風味・味出しとして使う材料が鮭、貝柱、鶏肉など、各家庭によって変わります。
材料を拍子木に切りそろえ、醤油、みりんで薄味に煮込むだけなので簡単なのですが、縁起物なので、具の数は奇数が原則なのです。

「のっぺい汁」

kansei0001

材料(4人分)
里芋(4個)/ニンジン(1/2本)/大根(3cm)/薄揚げ(1/2枚)/こんにゃく(1/4丁)
ちくわ(1/3本)/青ネギ(1本)/だし汁(4カップ)/塩(小さじ1/2)/薄口しょうゆ(大さじ2)

【水溶き片栗粉】
片栗粉(大さじ3)/水(大さじ3)

satoimo01
①里芋の皮をむいて下茹でし、7~8mmの厚さに輪切りをする。

sozai001sozai002
②皮をむいたニンジンと大根、こんにゃく、薄揚げをそれぞれ3~4cmの短冊切りに、ちくわは輪切りにする。

kuwaeru001
③鍋にだし汁とニンジン、大根、こんにゃくを入れ煮立て、あくをすくい、弱火にして里芋を加えてやわらかくなるまで煮込む。

ajituke0001
④薄揚げとちくわを加え、塩と薄口しょうゆで味付けをする。

toromi001
⑤水溶き片栗粉でとろみをつけ、斜めに切った青ネギを加えれば完成。

では、いただきます。

温めても、冷ましても美味しいですよ!!

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。