雨とい

金属雨とい

株式会社タニタハウジングウェア

  • 雨とい
  • 雨とい

金属雨とい

秋田県大仙市に生産工場のあるタニタハウジングウエアは、もともと東京板橋で銅を溶解し圧延するところからスタートした会社。昔ながらの銅の雨といをはじめ、ガルバリウム鋼板などの金属雨といを製造しています。雨といという複雑な形状の製品を金属でつくるには、独自の経験とノウハウの蓄積があってはじめて可能になります。雨といの内部にまでしっかりと耐候性の塗装を施した経年劣化の少ない、いつまでも美しさを保ち続ける雨といです。

珪藻土壁材

珪藻土壁材

日本ダイヤコム工業株式会社

  • 珪藻土壁材
  • 珪藻土壁材

珪藻土壁材

能登半島の珪藻土で七輪を製造する石川県珠洲市の日本ダイヤコム工業。七輪の製造過程で出た粉を建築用建材としてはじめて商品化した会社。 能登半島の3/4は珪藻土でできており、粘土分が多く含まている能登の珪藻土は成形性に優れているため、先代が壁材としての利用を考案。化学物質のつなぎ材を多く入れないと壁材にならない珪藻土も数多くある中、能登珪藻土は調湿効果・断熱性・耐火性など、その効果をしっかり生かすことができる素材です。

ユニットバス

ユニットバス

株式会社和光製作所
スピリチュアルモード事業部

  • ユニットバス
  • ユニットバス

ユニットバス

昭和35年、自動車バンパーのステンレス化の提案を皮切りに、ステンレスの特殊加工の世界で業績を伸ばしてきた和光製作所は、 40年以上も大手メーカーのステンレス浴槽の生産しています。ユニットバス「スピリチュアルモード/PLANO NX」は、のびのびとリラックスした姿勢で入浴することができるお風呂。両肘をエプロンに乗せてゆったりできるなど、使い込むほどに満足感が広がる日本人の入浴を考えた商品です。

基礎パッキン

基礎パッキン

コボット株式会社

  • 基礎パッキン
  • 基礎パッキン

基礎パッキン

土台とコンクリート基礎を浮かして基礎内に空気を流通させる基礎パッキン。もともと湿気の多い日本の風土、しかも冬場のコンクリートは結露することもあり、さらに空気の流通が少なくなります。そこでコポット株式会社が開発したのが、ステンレス基礎パッキン「ダイカラット」です。建物重量を支える強度も厳重な強度試験によって、余裕を持って数値をクリアしています。「点」で支える形状なので、空気の流通性能は十分確保できます。

土佐漆喰

土佐漆喰

田中石灰工業株式会社

  • 土佐漆喰
  • 土佐漆喰

土佐漆喰

世界遺産の姫路城にも使用されている田中石灰工業の土佐漆喰。漆喰とは、消石灰に割れを防ぐ「スザ(麻)」と海藻由来の糊を入れて、左官の材料にしたもの。こんにゃくに使われている消石灰も、その多くが田中石灰工業で生産されています。不純物が少なく良質な高知県の石灰岩を、さらに純度を高めて他の追随を許さない土佐漆喰。独特の色合いとヒビ割れが発生しにくい高い品質で、文化財などで使用されるほど信頼の高い素材です。

畳表

畳表

JA やつしろ

  • 畳表
  • 畳表

畳表

日本の住宅に欠かせない和室の畳。その畳表で使用している国産いぐさの98%が熊本県産です。中国産のいぐさが数多く市場に出回っている中、畳の良し悪しや国産との区別ができるように、マスコットキャラクター「たぁみ」やQRコード付きのタグを畳表1枚1枚に編み込んでいます。良質な畳表はいぐさの成長が均一で半間(約91㎝)以上とれることが必要。そのために、いぐさを生育する段階から、品質を念頭に置いて栽培しているのです。

シラス壁

シラス壁

高千穂シラス株式会社

  • シラス壁
  • シラス壁

シラス壁

都城市出身の高千穂シラス創業者 新留昌泰さんは、横浜で設計事務所やリフォーム会社を経営していましたが、平成11年、地元のシラスが人知れず持っていた驚くべき性質に着目して、左官材料の開発に成功しました。その性質は「超多孔質」。湿度の高いときは湿気を吸い、少ないときは湿気をはく。まるで呼吸しているような外壁用の壁材が「スーパー白洲そとん壁」です。下塗り材と上塗り材の2層構造で、水蒸気を通しても雨水は通さない、天然の防水性能を発揮します。

※MADE 家 JAPANで取り扱う選りすぐりのアイテムを紹介する「MADE 家 JAPAN BOOK」をプレゼント中。
部材や設備の誕生秘話や、手間暇をかけた製造の過程をぜひご覧ください。

ページトップへ